一人カセットテープ

ひとりで聴いて、誰かに教えたくなる、そんな音楽

ただ、デヴィッド・ボウイをちゃんと知りたかっただけ。

先月末にデヴィッド・ボウイが亡くなりました。

訃報ニュースが流れるほんの数日前に、エマ・ワトソンが出ている青春映画「ウォールフラワー(原題:the Perks of Being Wall Flower)」を見て、クライマックスに流れるボウイの「ヒーロー」はいい曲だなぁなんて思っていたところでした。

偶然でしょうが、虫の知らせのようでしたね。

 

私は文系の大学院生でこの春に修士課程を卒業予定です。

修士論文も提出した今、最後の授業レポートは思いっきり趣味に走ろうと思って、デヴィッド・ボウイフロイトを結びつけて考察を書きました。

私はブリティッシュロックが大好きなのです。イギリスラヴァーです。

軽いレポートなのでサクッと終わらせようと思ったのですが、やってるうちに熱が入ってきて、もっともっと調べたくなりました。

どうせやるなら何かの形でまとめたいなーと思ったので、新しくブログを開設しました。

4月からは社会人なので、また大学に戻らない限りは論文も提出できませんし。

というか、もっと気を抜いてマイペースにやりたかったので。

 

というわけなので、ここでの考察はアマチュアの趣味レベルです。

ボウイはこんなこと言ってて、こんなムーヴメントが起きて、その当時の社会はこんな感じで、みたいなことを調べて私なりの解釈をしていこうと思っています。

 

スターが伝説になるのは、彼らがこの世を去ったのちです。

ボウイが神格化されていくのはまさにこれから。

私のような人々が好き勝手に崇め奉って、彼らの伝説は確立していきます。

デヴィッド・ボウイの新たな幕開けは、実はこれからなんでしょうね。

 

 

2017年から新しいブログに移行しました。
f:id:spiberman:20170520130820p:plain