読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人カセットテープ

ひとりで聴いて、誰かに教えたくなる、そんな音楽

サブカル系男子はアンニュイな女が好きなんでしょ?

約1年ぶりに髪を切りに行きました。

最後に行ったヘアサロンは自宅近くの1000円カットです。

1年ものブランクがあるのにもかかわらず、命知らずな私はGINZAのお洒落なサロンを予約。

結果、愛用のシャンプーはメリット、いい歳の女子のくせにヘアアイロンの使い方を知らないという徹底した女子力のなさを露呈することとなり、ただいま反省モードに入っております。

 

「わかりますよ、飲み会とか重なったり、服とか買っちゃうと、いいシャンプー買うの我慢したりしちゃいますよね ^^;」

 

お兄さん優しすぎです、もう逆に叱ってくれたほうが気がラクっす。

家に帰って早速Amazonで32mmのコテ買いました。

さあこれで今週から私もおフェロ女子ね☆

 

シャギーカットに色白赤紅、レトロなワンピースからのぞくほっそり美脚

f:id:spiberman:20160718230741j:plain

最近覚えた「おフェロ女子」と言葉をただ多用したいだけで、実際の定義をよく知りませんが、フェロモン感じる女性像というのは私の中にもあります。

「フェロモン」とか言われると唇プルンプルンでぱいおつかいでーのお姉ちゃんを想像する人も多いのかと思いますが、私の中のおフェロ女子は違います。

 

マッチ棒のごとくほっそりした身体、色白で唇は赤く、目が虚ろで気だるげで、背中まで伸びる髪は光が透けるような栗色です。

着ている服はレトロなブラウスやワンピース、アクセサリーはほとんどつけず、持っているバッグも小ぶり。

肌を露出しているわけでもないし、男に媚びを売るわけでもないのに、なぜだかセクシャルな香りを漂わせるミステリアスウーマン

 

f:id:spiberman:20160718231132j:plain

たまんねえっす。

この写真のおフェロ姉さんはステイシー・マーティンStacy Martin)というフランスの女優さん。

映画「ニンフォマニアック」の主人公と言ったらハッとする人も多いんじゃないでしょうか。

アクモンのアレックス兄さんのお気に入り、新しいおフェロガール

こんな女性を私は「おフェロ」と呼びたいのです。

「おフェロ」とは「アンニュイ」。

本人が知らぬ間に漏れ出ている女の香りに魅力を感じます...!

そして最近、Arctic Monkeysのアレックス・ターナーと共にステージに立った新おフェロガールを見つけました。

f:id:spiberman:20160718231736p:plain

アレクサンドラ・セイヴィアー(Alexandra Savior)発音は合っているのか?

youtu.be

なにこのそそられる歌い方!

ちなみに彼女の隣でギター弾いてるのはアレックス兄さんです。

 これで若干21歳というから、どんな育ち方してるんだって話ですよ。

f:id:spiberman:20160718233000p:plain

妖しげな照明が似合います。そのポージングをものにしてしまうなんて罪な女の子です。

まだまだ出始めでMVや関連動画も少ないですが、これから大活躍するおフェロガールだと勝手に期待しています。

日本女子にもう一度「おフェロ」を問う

大和撫子の皆様、これが女性の色気ってもんじゃないですか?

尊敬する美輪明宏さまもおっしゃっていました、(中略)色気は出そうとしなくても滲み出てしまうもの、そしてそれは決して肉感的なものだけではないのだと!

彼女たちの色気は自分の仕事に精一杯うちこみ、努力や成果を認められた自信からくるもの、その過程で築いた自分のスタイルから滲みでるものなのではないでしょうか。

 

という結論に持ってきたのはいいものの、それを言ってしまったら私がAmazonで購入したコテは「おフェロ」を高めるものではなくなってしまいますね。

まあ人間、形から入ることも重要ですよ。