読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人カセットテープ

ひとりで聴いて、誰かに教えたくなる、そんな音楽

The Chainsmokers「Paris」で歌っている女性シンガーEmily Warrenとは一体!?と私の中で話題に。

前回も紹介したThe Chainsmokersの「Paris」。この曲でひとつ気になったことがありました。女性パートを歌うヴォーカルのクレジットがありません。大抵こういう曲には「ft. (featuring)」や「with」などで名前が出ます。

 ヴォーカルの正体はEmily Warren

巷ではSelena Gomezではないか?!とも言われていました。ちょっとハスキーで柔らかな声質は確かにセレーナと似ています。(下動画は参照動画チェケラ)

youtu.be

個人的に「Goog For You」の時の声が一番似ていると思います。しかし!見出しにもあるように、歌っているのはセレーナではありません。Emily Warrenという1992年生まれのシンガーソングライターです。

実はあの曲、あの曲でも歌ってた!

youtu.be

 Frenships & Emily Warrenの「Capsize」。この曲もヒットチャートに並びました。トロピカルな音や、MVに登場する男女二人の原始的で力強いダンス、Justin BieberSiaが広めたここ数年のトレンドをしっかり押さえた作品となっております。

他にも、心地よいプカプカゆらゆらしたサウンドで「お前少しはスマホから目え話せよ」という女心を歌った「Phone Down」などもあります。

 

彼女が制作に関わったヒット曲!

ヴォーカリストとしてではなく、制作側として参加した曲はまだまだあります。

Jessie Jの「Masterpiece」がそのひとつ。

youtu.be

Shawn Mendezのアルバムの楽曲にも多数参加、イギリスの実力派女性ユニットLittle Mixまで、あの人もこの人も!というくらいいろんな作品にソングライターとして携わっています。(書ききれないので詳しくは彼女のwikiページを見てね)

 The Chainsmokersの2人は、彼女を「最高のシンガーソングライターであり、ヴォーカリストだ」と賞賛しています。Siaに続く有能な音楽家へと道を進んでいるようです!