読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人カセットテープ

ひとりで聴いて、誰かに教えたくなる、そんな音楽

今一番モードなラッパーは日本人だった

日本語ラップはキライじゃ!だせえんだよ!!」

と思っていた中学時代を経て、

高校時代にRIP SLYMEの良さに気づいた自称シド・ヴィシャスの生まれ変わりです。

私がヒップホップがキライだった理由

だってヤンキーなんだもん。

ヒップホップと同じカウンターカルチャーのロックやパンクは大好きですが、

根本的にヤンキーカルチャーは私の美的センスとは合いません。

しかし存在するモードなラッパーたち

f:id:spiberman:20160929074746p:plain

でも正直、現在の音楽業界でイチバンお洒落な人たちって絶対ラッパー。

というか社会全体の流行りがヒップホップカルチャーなんでしょう。

とにかく、悔しいけどめちゃくちゃ刺激的なラッパーがたくさんいます。

1990年生まれの刺青だらけラッパー、KOHHもその一人。

f:id:spiberman:20160929075538p:plain

これ外国のファッション誌に載ってる写真て言われても全然信じる。

恥ずかしながら、今になってKOHHの存在を知り、その格好良さにシビレました。

 

なぜKOHHはかっこいいのか

 すいません、あまりにもシンプルすぎて厨二感漂う小見出しで。

 

カニエもそうだけど、KOHHは「ヒップホッパー」スタイルをしてません。(デビュー当時はしてたけど)

キャップを被って、首折れんじゃねーかってぐらいでかいゴールドのネックレス付けて、ルーズなパンツにスニーカー、みたいなラッパーの制服を脱ぎ捨てています。

だからカッコイイ。

辛い生活や、ムカつく社会や、そういう毎日の「型」にgive the fuckし、

その「型」から抜け出そうとしているのがラッパーでありパンクロッカーなら、

ヒップホッパーの型から抜け出したKOHHはまさしく反逆者。

 

宇多田ヒカルの最新アルバムに登場し、知名度は上がる一方すね。

 

忘却 (feat. KOHH)

忘却 (feat. KOHH)